胃がんの症状(末期)腫瘍の拡大に伴なう症状

胃がんの症状】は、初期のうちには自覚症状を感じない方が多いですが、胃がんが進行するにつれて、

【初期症状】上腹部に不快感を感じたり、食欲不振や、胃の痛みを感じるところから、
さらに進行すると、
出血に伴なう症状】が便の異変などに表われてきます。
そしてさらに胃がんが進行すると、
貧血に伴う症状】が吐血、下血などに表われてきます。


そして恐ろしいことですが、さらに進行すると・・・

腫瘍の拡大に伴う症状】が出現し出します。

例えば、

閉塞症状が現れることがあります。

手で触るとしこりが感じられます。

食物の通過に障害が生じます。



恐ろしいことですが、胃がんのためにこのような症状
現れてから癌であることが発見された場合には、
手術をしても生存率が約20%くらいというデータも
残されています。

ですから、症状があればもちろんのこと、症状がなくても
定期的に検査を受けて
早期がんのうちに発見することが、
胃がんから助かるための最善の方法です!






posted by 胃がん 症状 at | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がんの症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3521921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。