胃がんの症状(中期後半)貧血に伴なう症状!要注意!

胃がん初期のうちは本当に【胃がんの症状】らしいものを、ほとんどの方が自覚症状として感じません。

いくらか、胃がんが進行してきて、初期症状である上腹部に不快感や膨満感を感じたり、食欲がなくなったり、胃やみぞおちに時々痛みを感じて「胃の調子が悪いから胃薬を飲もう」という対処をされる方がいます。


そしてさらに進行してきて、便などに【出血に伴なう症状】が表われて心配し始める人もいます。


ではさらに胃がんが”進行すると”どのような【胃がん 症状】が表われるのでしょうか?


【貧血に伴う症状】が出現し始める!


下血してしまった。

吐血した。

いつも疲労感がある。

運動時に息切れする。

体重が減少してきた。



こうした症状は腫瘍からの出血が続いて貧血になった場合に感じる症状です。

もしもこうした症状を感じたのに放っておいたなら大変なことになります。

大至急、専門医病院診てもらうことをお勧めします!


では、恐ろしいことですが、さらに”胃がんが進行すると”、、、つまり腫瘍が大きくなると、どのような【胃がん症状】が表われるのでしょうか?





posted by 胃がん 症状 at | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がんの症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3521895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。