胃がんの症状(初期段階)

胃がん】は、初期のうちにはほとんど自覚症状が出てきません。

ある程度がんが進行してからでなければ、はっきりとした自覚症状は出てこないことが多いのです。

(だからこそ定期的な胃がん検診をお勧めいたします!)


では胃がんが進行してくるにつれて、どのような症状が出てくるのでしょうか?

次のような【胃がん 症状】が出てきます。


初期のうち。。。

ゲップがよくでるようになり、胸やけもよく感じます。

上腹部に不快感や膨満感を感じることがあります。

食欲がなくなることがあります。

みぞおちに痛みを感じることがあります。

胃がチクチクと痛みます。

食べ物がつっかえる感じがすることがあります。


じつは、上記にあげたような症状は胃がんだけの症状ではありません。

例えば、胃炎や胃潰瘍の時にも似た症状が表われます。

しかし、上記のような胃がんにもつながる恐れのある症状が現れたら、自分で判断せずに、早急に病院で検査を受けられるなら安心できるでしょう。



続いて、さらに胃がんが”進行すると”どのような症状が見られるのでしょうか・・・?




posted by 胃がん 症状 at | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がんの症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3521753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。